FC2動画

  

     

最新ニュース

  
最新ニュースをこちらで報告致します。
  ・最新ラケットの情報
  ・Wiiでラケットボール
  

スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

タイムアウト(特別ルール)

2012. . 01
特別ルールが導入?
しかも、大会(全日本シングルスの予選会)の前日の14時にアップって、どうよ・・・。
(気付かない人も多いよ、開会式に参加しない人もいるだろうし。)
もっと、早くに告知すべき最重要な内容でしょう。

大会運営者は、審判(主審)が当日、参加選手に伝えろと言うんでしょうが、そんな事をするから負審は嫌だってイメージが拡大するんですよ。

http://www.racquetball.jp/kashiwagi/cgi-bin/compdat/up/1346389792540177.pdf


ここ最近、選手の怪我が増えています。
過去2大会(東西ダブルス・東西オープン)にて特別ルールとして取り入れました<タイムアウト>に関して、今回、全日本シングルス・予選会においても適用しますので、茲(ここ)にお知らせします。

その他(タイムアウトについて)
本来、捻挫(ねんざ)や痙攣(けいれん)では、各組の持ちタイムアウトの範囲で治療を行い、治療のためのインジュリータイムアウト(自己の責任によらない怪我や出血、1試合につき15分間まで)は、これまで取れないことになっていますが、テーピングなど簡易な治療のための時間を今回の特別ルールとして1試合に5分間まで取れることとします。

なお、ラケットのガットが切れたり、シャツの交換など道具の不備によるタイムアウトは、イクウップメントタイムアウトとして自己のタイムアウトがない場合、1試合2分を超えない範囲で取れます。



特別ルールとして
テーピングを巻くのに、5分間の休憩を貰えます。
また、シャツを着替えるのに、1回だけ?2分間の休憩が貰えます。

捻挫しても、タイムアウト(30秒)ではテーピングも巻けずに困っていたので、こういうルール改正は大変にありがたいです。
テーピングを取り出す時間も考慮に入れると、5分で巻き終わるかな?
足首を捻挫した場合
  ・コートの外に出る
  ・荷物置き場に移動する
  ・テーピングをバッグから取り出す
  ・靴を脱ぐ(靴紐をほどく)
  ・靴下を脱ぐ
  ・テーピングを巻く(アンダーラップを巻く余裕は無い、焦るとテーピングがなかなか切れない)
  ・足首の状態を軽く確認する
  ・靴下を履く
  ・靴を履く(靴紐を結ぶ)
足首を捻挫したら、5分では全然足りないと思いますが・・・。
靴紐を結ぶ時間も考慮に入れないと、簡単に5分なんて過ぎてしまいます。
本当に簡単なレベルのテーピングだけOKという事でしょうか?
水やスポーツドリンクを飲む時間的な余裕も無さそうです。

ゲーム中、汗でシャツがびっしゃりになり、ダイビングした際に床が濡れて困ります。
ゲーム終盤に、連続してダイビングする事になると、何度も床を汚し、汗で濡れた範囲が大きい為に、モップや雑巾で掃除してもらうのが現状です。
結構、気が引けてしまうので、こういう処置も大変ありがたいです。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

マイナースポーツ

2011. . 20


マイナースポーツ

世界には、サッカー、野球、バスケットボール、バレーボール、
テニス等の熱狂的な人気のメジャースポーツがあります。

その陰で、知名度(注目度)は低いけど、実は熱い、
そんなマイナースポーツが沢山あります。

数多くあるマイナースポーツの中から、「ラケットボール」を
紹介させて頂きます。

マイナースポーツですが、選手のパフォーマンスも高く、
その熱い志(こころざ)しを知る為に、まずは、競技やルールを知り、
少しでも選手の熱い想いを感じて下さい。








マイナースポーツのルール



マイナースポーツのルール

マイナースポーツですが、正式なルールがあります。
ラケットボールのルール」にて、紹介しています。








マイナスポーツの利点



マイナースポーツの利点

マイナースポーツなので、誰にでも、「日本代表や日本一、世界一」に、
なれる可能性を秘めています。

メジャースポーツに比べて、ラケットボールはマイナーなスポーツです。
その為、残念ながら、競技人口が少ないです。

逆を言うと、ライバルも少ないです。
マイナースポーツの利点でもあります。
その為、努力の才能があれば、世界一も夢ではありません。

実際に、3~5年で日本ランキングの上位に入る選手もいます。








対戦や出会いのチャンス



マイナースポーツは、出会いのチャンス

メジャースポーツでは、トップ選手と直接お話ししたり、
一緒にプレーする機会がなかなかありません。

しかし、ラケットボールはマイナースポーツの為、
ランキング上位のアイドル選手と普段でも、一緒にプレー出来る
機会が多くあります。

また、試合でもランキング1位の選手と当たる可能性も
十分にあります。
(シード選手なので、1つ勝てば、対戦のチャンスがあります。)

これもマイナースポーツならではの利点です。

色々な方と出会い、話す機会があるのも、良いものです。








世界選手権



マイナースポーツでも、世界選手権の大会が開催されています。
2年に1度、ラケットボール世界選手権があります。








オリンピック



マイナースポーツとオリンピック

マイナースポーツでも、オリンピックのチャンスはあります。
しかし、現在はまだ、オリンピックの選考種目に入っていません。








体格



マイナースポーツと体格

スポーツと言えば、背が高く体格の良い人が、有利な印象があります。
しかし、ラケットボールは、華奢な体の女の子
背の小さい方、太っている方でも、とても強かったりします。

見た目を気にせずに、気軽に始める事が出来るマイナースポーツです。








マイナースポーツのアイドル選手



アイドル化した選手が、マイナースポーツの人気を高める事があります。

ラケットボールでは、佐藤摩以子選手でしょうか?

他のマイナースポーツの代表的なアイドル選手
   ・浅尾美和選手(ビーチバレー)
   ・小椋久美子選手、潮田玲子選手(バドミントン)
   ・四元奈生美選手(卓球)
   ・本橋麻里選手(カーリング)
   ・澤穂希選手(サッカー、なでしこジャパン)








メジャースポーツとマイナースポーツの比較



メジャースポーツとマイナースポーツの定義(違い)は、何でしょうか?

マイナースポーツの定義(問題)
   ・テレビ等のメディアへの登場が少ない。
   ・大手スポンサーがついていない。
   ・道具のメーカーが少ない
   ・競技人口と指導者が少ない。
   ・日本国内の道具の販売数が少ない。
   ・大会が少ない。
   ・非日常性が高い。
   ・場所の確保がしにくい。
   ・プレーの楽しさを他者に伝えるのが困難である。
   ・観客が少ない。
(マイナースポーツの定義は、人の考え方により多少異なります。)




続きを読むをクリックしてね。





Ranking... Ranking... Ranking... Reading... Ranking...

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

お試し、無料体験教室で楽しむ

2011. . 13


ラケットボール

ラケットボールは、フィットネスクラブ(スポーツクラブ)の施設で、
無料体験」出来ます。

テニスやバドミントン、スカッシュとの違いも、無料体験して頂ければ、
違いも分かります。








無料体験



無料体験、随時受付中

大半のフィットネスクラブでは、「1回のみ無料体験」が出来ます。
(無料で、フィットネスクラブに入館出来ます。)

無料体験でも、道具(アイガード、ラケット、ボール)をレンタル(借りる)出来ます。
料金は、フィットネスクラブにより、無料と有料の場合があります。

無料体験の場合、道具が有料でも、各100~200円でしょうか?
(他クラブで、道具一式をレンタルした経験が無い為、詳細は不明です。)








何処で、無料体験が出来る?



施設の場所

無料体験が出来る場所を「ラケットボールコートの一覧」で、
近場のコートを確認して下さい。

事前に、フィットネスクラブへ電話等で「無料体験」について、
連絡を取り、申し込みをしてから足を運び、体験する事をおすすめします。








何を持っていけば良い?



準備

無料体験で遊びに行く時、何を持って行けば良いの?

持参する物
   ・運動着(上下)
   ・下着
   ・靴下(くつした)
   ・靴(シューズ)
   ・ハンドタオル、バスタオル
   ・ビニール袋(汗をかいた衣類を入れる)

運動着やシューズ、タオル等は、レンタルする事も出来ます。

上着は、Tシャツで構いません。
無料体験でも、Tシャツは、2~3枚以上、持参する事をおすすめします。
(本気でプレーすると、汗でTシャツがビシャビシャになります。)



あると便利
   ・ヘアブラシ(シャワー後に使用)
   ・眼鏡(アイガードの代わりにかける人もいます)
   ・水、スポーツドリンク
   ・シャンプー、リンス(普通は、備え付けがあります)
   ・リストバンド、ヘッドバンド、バンダナ(汗かきの人が着用)
   ・うちわ、扇子(夏場は、結構使います)

眼鏡で行う場合は、必ずプラスチック制の眼鏡でお願いします。
眼鏡にボールが当たった場合、危険を伴(ともな)います。








ビジター料金



ビジター料金

会員にはならいけど、1~2ヶ月に1回の割合で、体験(身体を動か)
したい方へのアドバイスです。

1人で遊びに行くと、体験料が1回2,000~3,500円くらいかかります。
(地域により、ビジター料金は異なります。)
ビジター料金の金額(値段)は、結構高いです。

しかし、フィットネスクラブの会員と一緒に行くと、割引料金が適用されます。
(会員の友達として、入館出来ます。)
フィットネスクラブによっては、(極一部ですが)無料で入館出来ます。








無料体験とスクールレッスン



スクールレッスン

無料と有料のスクールレッスンがあります。

無料体験で遊びに行っても、無料スクールレッスンを体験出来ます。
(無料体験では、無料スクールレッスンを体験出来ない場合もあります。)

無料体験の時間帯を調整して、無料スクールレッスンに参加するのも
ひとつの有効な手段です。

無料スクールレッスンの時間帯は、事前に各フィットネスクラブにご確認下さい。

「有料スクールレッスン」もあります。
レベルアップしたい方へのスクールレッスンです。

フィットネスクラブの会員にならず、有料スクールレッスンの会員のみに
なる方もいます。








初体験の方へアドバイス



初体験の方へアドバイス

フィットネスクラブに行くと、コート内でプレーしている人がいます。

無料体験で遊びに来て、「コートが使えなくて、体験出来ない」ではなくて、
積極的に声をかけて、体験して下さい。

上手い人とプレーした方が、安全で楽しく体験する事が出来ます。
(上手い人は、初心者への対応も心得ています。)
また、ラリーも続きます
ラケットボールのルールを教えてくれたり、アドバイスも貰えます。

下手なインストラクターより、親切で、楽しく体験出来ます。

中には、インストラクターが相手をしてくれない、フィットネスクラブもあります。
(インストラクターは、レッスン以外は、会員の相手をしないクラブもあります。)

インストラクターより、会員の方がラケットボールを始めてから
長い場合があります。
10~20年以上続けている、ベテランプレーヤーが在籍している事もいます。

会員の中には、教えるのが好きな人や、教えるのが上手い人もいます。








2人で無料体験



2人で無料体験

友達と2人以上で、無料体験で遊びに来るシーンも見かけます。
しかし、お互いに、初体験の場合が多いです。

ルールも分からず、闇雲に、ボールを打っています。
交互に打たずに、自分の近くに来たボールを強引に、打ち返しています。
身の回りに、友達がいても、おかまいなしにラケットを強振しています。
見ていて、とても危ない(危険)です。

初体験の場合、インストラクターに相談して下さい。
インストラクターが、直接相手をする場合もあります。
また、会員を紹介する場合もあります。

無料体験で遊びに来て、怪我したら本末転倒です。

危ないプレーだけは、絶対に避けて下さい。
怪我だけは、本当に気をつけて下さい。








入会希望者へアドバイス



入会希望者へアドバイス

ラケットボールを無料体験して、フィットネスクラブの会員に、
なりたいと考える方へのアドバイスです。

普通に、フィットネスクラブに入会手続きをしても構いません。

しかし、ラケットボール会員を捕まえて、会員の紹介者として、
入会手続きを行うと、さらなる特典を受ける事が出来ます。
(紹介者特典が無い、フィットネスクラブもあります。)




続きを読むをクリックしてね。





Ranking... Ranking... Ranking... Reading... Ranking...

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

プレー人数は?

2011. . 17


プレー人数



プレー人数
   ・1人 対 1人(シングルス)
   ・1人 対 2人
   ・1人 対 2人(カットスロート)
   ・2人 対 2人(ダブルス)
   ・回し(人数は、不特定)

シングルスやダブルスのプレー人数は、単純に
1人対1人、2人対2人です。








カットスロート



プレー人数が1人対2人の場合、2種類あります。

1つ目は、単純に1人対2人です。
(常に、「Aさん 対 BさんとCさん」です。)



2つ目は、カットスロートです。

カットスロート

基本のプレーは、1人対2人と一緒です。

サーブ権を持っている人が、常に、1人となります。

ミスしたり、相手が決めると、サーブ権が交代します。

ローテーションで、サーブ権が替わります。

始めは、
「Aさん 対 BさんとCさん」
   ↓
   ↓
   ↓
Aさんが、失敗したら・・・。
   ↓
   ↓
   ↓
「Bさん 対 CさんとAさん」
   ↓
「Cさん 対 AさんとBさん」
   ↓
「Aさん 対 BさんとCさん」
   ↓
「Bさん 対 CさんとAさん」

と、ラリー(プレー)が続きます。








回し



回しとは・・・。

回し

回しは、ラケットボールコートに3~4人が入ります。
(5人以上がコート内に入るのは、待機の人が大変に危険になります。)

基本は、1人対1人のプレーです。

残りの方は、コート内の後方で待機します。
(角際に寄らずに、真中で待機します。)
(角際に寄ると、逃げる事が出来ず、大変に危険です。)

勝ち残りで、負けた人が、待機中の人と交代します。

常に、勝ち残り戦です。
(勝ち続ければ、ずっとプレーをします。)




続きを読むをクリックしてね。





Ranking... Ranking... Ranking... Reading... Ranking...

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

道具

2011. . 16


必要な道具



道具一式

ラケットボールは、必需品アイテム(道具)が3点あります。

必要な道具一式
   ・ラケット
   ・ボール
   ・アイガード

ラケットには、リストコードがついています。
必ず、リストコートに手首を通します








あると便利な道具



道具(グローブ)

あると便利な道具
   ・グローブ

グローブは、必需品ではありません。
「滑り止め」や「マメ防止」で、利用する方が多いです。








靴(シューズ)



道具(靴)

靴底がゴムのシューズをおすすめします。
バドミントンやバレーボールのシューズを履く方が多いです。
(今は、バドミントンのシューズを履いています。)

靴底に、「Non-Marking」と書かれている事を、チェックして下さい。
(普通、バドミントンやバレーボールの靴には表記があります。)

靴底の色が、コートの床につきます。
コートが汚れる原因となり、他の方に迷惑がかかります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

 HOME 

[株式会社DMM.com証券]

[LINEスタンプ制作]

[羽毛布団]

[脱毛器]

[電話回線]

[防犯カメラ]

[検索システム]

[英語]

[ダイエット]

[洋服の試着]

[楽天市場に出店]

[フレッツ光]

[デスクチェア]

[チャットレディー]

[A8.netの広告主募集]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。