FC2動画

  

     

最新ニュース

  
最新ニュースをこちらで報告致します。
  ・最新ラケットの情報
  ・Wiiでラケットボール
  

Mueller(ミューラー)の膝(ひざ)サポーター

2010. . 10
スポーツサポーター一覧へ

膝用のサポーターは、スポーツ(マラソン、テニス、ゴルフ、バドミントン、バレーボール、ランニング、登山)等、様々な機会で使われています。

ラケットボールのプレイヤーでも膝サポーターの利用者が多くいます。

サポーターの種類も、他の部位と比べてとても豊富です。



商品ラインナップ
  ・Hg80® プレシジョンヒンジドニーブレイス アスリート
  ・Hg80® プレシジョンニーブレイス アスリート
  ・Hg80® プレシジョンヒンジドニーブレイス
  ・Hg80® プレシジョンニーブレイス
  ・Hg80® プレシジョン ニースタビライザー
  ・MAX ニーストラップ
  ・ラップアラウンド ニーブレイス デラックス
  ・アジャスタブルヒンジド ニーブレイス
  ・オープンパテラ ニースタビライザー
  ・セルフアジャスティング ニースタビライザー
  ・アジャスタブル ニースタビライザー
  ・アジャスタブル ニーサポート
  ・オープンパテラ ニーサポート
  ・コンパクト ニーサポート
  ・ジャンパーズ ニーストラップ
  ・ITB ストラップ






膝障害のメカニズム
●前十字じん帯損傷
コンタクト(接触のある)スポーツで、損傷する事が多いです。
膝の外側からの接触、ジャンプ後の着地、急激なストップターン(膝の捻じれ)等で、損傷する事があります。

●内側側副じん帯損傷
膝の外側から強い衝撃を受ける、膝が内側に入る等した時に、内側側副じん帯を損傷する事があります。

●半月板損傷
膝に水がたまり熱を持つ、膝を屈伸で引っかかりや痛みを感じる場合は、半月板損傷の可能性があります。

※上記の3つを同時に損傷する大怪我もあります。



●外側側副じん帯損傷
コンタクト(接触のある)スポーツで、損傷する事が多いです。
膝の内側から強い衝撃を受けると、外側側副じん帯を損傷する事があります。

●後十字じん帯損傷
膝の前の下側から強い衝撃を受けたときや、膝を激しく地面についた時に、損傷する事があります。
頻繁にジャンプする競技でも、損傷する事があります。






効果
半月板や靭帯の損傷を予防・保護するのが、膝用サポーターです。






膝サポーターの選び方
膝サポーターは、大きく分けて2種類あります。
  ・固定する膝サポーター : 面ファスナー等で、締め付け具合が調節出来る
  ・保温する膝サポーター : 毛糸等で編んであり、筒状の物

機能の違いを理解し、症状に合った膝サポーターを選んで下さい。






アマゾン通販で紹介されている膝サポーターの一覧です。
(下記に、表示されていない場合、ページを更新してみてください。)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

[株式会社DMM.com証券]

[LINEスタンプ制作]

[羽毛布団]

[脱毛器]

[電話回線]

[防犯カメラ]

[検索システム]

[英語]

[ダイエット]

[洋服の試着]

[楽天市場に出店]

[フレッツ光]

[デスクチェア]

[チャットレディー]

[A8.netの広告主募集]