FC2動画

  

     

最新ニュース

  
最新ニュースをこちらで報告致します。
  ・最新ラケットの情報
  ・Wiiでラケットボール
  

ラケットのおすすめな選び方

2011. . 19


ラケットの名称

ラケットの選び方」が影響するのは、上級者に限りません。
ラケットは、全員に影響します。
(素人や初心者、中級者等、一切関係ありません。)



努力無しに、道具(ラケット)に頼り過ぎは、好ましくありません。

しかし、自分に合わないラケットを使い続けるのも、どうかと思います。

身体に合うラケットを選び、練習した方が、練習の効率は上がります。








ラケットの選び方



ラケットの選び方
   ・重さ
   ・グリップの太さ
   ・(バランス)
主に、この2点(3点)でラケットを選びます。

他のラケットの選び方
   ・面の大きさや形
   ・フレームの厚さ
   ・色(カラー)
   ・メーカー
ラケットの規格が統一されています。
その為、ラケットに特別大きな差はありません。








ラケットの重さ



ラケットの重さ

ラケットの選び方に、重さも関係します。

2011年現在、160~175グラムのラケットが主流です。
(テニスラケットと比べると、圧倒的に軽いです。)

軽いラケットは、イーフォースの150グラムがあります。
友達も150グラムのラケットを利用しています。

重いラケットは、190グラム以上もあります。
重いラケットの使用者は、古いラケットを使っている
可能性もあります。
しかし、現在も、ニューモデルで、重いラケットの販売も
行われています。








グリップの太さ



ラケットのグリップの太さ

ラケットの選び方(グリップの太さ)
   ・細グリップ(3 5/8)
   ・太グリップ(3 7/8)

ラケットのグリップの太さは、2種類です。
細グリップのラケットを使う方が、多い印象があります。

握力に自信が無い場合、太グリップを選んだりします。

グリップも、四角いタイプや細長いタイプ等があります。

手や指の長さで、選ぶグリップが変わります。

また、細めのグリップに、グリップテープを何重にも巻いて、
厚さを調整される方もいます。

細めのグリップを選んで購入し、その上に、パワーグリップを
着けて、ラケットを利用される方もいます。








ラケットのバランス



ラケットのバランス

ラケットの選び方では、バランスも重要です。

ラケットのバランスは、大きく分けて3種類です。
(バランスの表現方法は、ラケットボールも一緒?)

ラケットの選び方(バランス)
   ・トップライト
   ・トップヘビー
   ・ミディアム

トップライト
ラケットの手元に、重心があります。
ラケットの重さより、軽く感じます。
俊敏なプレイヤーに向いています。

トップヘビー
重心は、ラケットの先端近くです。
遠心力や重力を利用し、力強いボールを打てます。

ミディアム
トップライトとトップヘビーの中間です。
幅広いスタイルのプレーを目指す方に向いています。








特徴的なラケットの選び方



特徴的なラケット

イーフォースのラケットは、他のメーカーのラケットと比べ(比較し)、
特徴があります。
ラケットを選ぶ際に、参考にして下さい。

ラケットの特徴

普通のラケットのガット(糸)は、Aまでしか
ありません。
しかし、イーフォースのラケットは、Bまであります。
(ウィルソンも同じです。)

他メーカーのラケットより、しなりを使い打てます。



短所

その反面、ガットを張る際に、他のラケットより、
ガットが長く必要となります。

ガットの長さを考慮して、ガットを購入しないと、
ガットが足りない事があります。



短所

一部のテニスショップでは、イーフォースのガット張りを
断られる事があるようです。

AからB間のストローの中に、ガットを通します。
このストローが折れたり、抜けたりすると、ガット張りが
大変らしいです。

また、グリップエンドで、折り返しが大変なタイプの
ラケットもあります。

その為、自分達で、ラケットのガットを張り替えている
スポーツクラブもあります。



短所

ラケットのCの部分です。
他メーカーのラケットより、横糸が少ないです。

ラケットのCの黄色い部分に、ボールが挟(はさ)まる現象を、
何度も、目(ま)の当たりにしました。

ボールを見ずに、ラケットで適当に打っている方に、
よく見かける現象です。

(きちんと、ラケットのスイートスポットで打てば、挟まりません。)



長所

他のメーカーに比べ、ラケットの開発に熱心な
印象(イメージ)があります。

他のメーカーでは、ニューモデルのラケットを発売しても、
「バランスを調整のみ」、「重さの追加」等のパターンもあります。



短所と言っても、ラケットを選ぶ際に、大きな問題ではありません。
ラケットの特徴の方が、とても有意義です。








ラケットの販売メーカー



ラケットの販売メーカー
   ・イーフォース(E-FORCE)
   ・エクテロン(Ektelon)
   ・プロケネックス(ProKennex)
   ・ウィルソン(Wilson)
   ・ギアボックス(GEARBOX)
   ・ヘッド(HEAD)

日本では、取り扱っていないラケットのメーカーもあります。
その場合、「ラケットを外国から輸入」となります。

ラケットを輸入で取り寄せて、安く買う方も多数います。







ラケットの選び方の感想



テニスラケットの画像を参考に、記事を書きました。
ただし、ラケットの選び方を説明するのに大きな問題はありません。

ラケットの選び方は、人それぞれです・・・。

好みのメーカーで、ラケットを選ぶ方もいます。
また、始めに購入したラケットと同じメーカーの
ラケットを選ぶ方もいます。

他にも、色が気に入り、それだけの理由でラケットを
買う方もいます。

初心者の方は、友達のラケットや、試打用ラケットで
打ち比べて(比較して)、選ぶのが一番良いラケットの選び方です。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

[株式会社DMM.com証券]

[LINEスタンプ制作]

[羽毛布団]

[脱毛器]

[電話回線]

[防犯カメラ]

[検索システム]

[英語]

[ダイエット]

[洋服の試着]

[楽天市場に出店]

[フレッツ光]

[デスクチェア]

[チャットレディー]

[A8.netの広告主募集]