FC2動画

  

     

最新ニュース

  
最新ニュースをこちらで報告致します。
  ・最新ラケットの情報
  ・Wiiでラケットボール
  

失敗は成功のもと

2011. . 27


失敗は成功のもと

同じ失敗を繰り返していませんか?

ことわざで、「失敗は成功のもと」という言葉があります。
意味は、「失敗しても、その原因が何かを考えて次につなげること」です。








失敗後に、何を考えている?



失敗は成功のもと



例えば、一人打ちで、フロントヒットの練習です。

サイドウォールに当たらずに、真直ぐに打つ練習です。
しかし、失敗して、体の後ろを通るクロスを打ちました。

ここで、どう考えていますか?



Aさん

あっ、失敗・・・。
(そして、球拾い。)


Bさん

引っ張った・・・。
(そして、球拾い。)


Cさん

体が開いた・・・。
(そして、球拾い。)


Dさん

打つ時に、壁を作れていなかった・・。
次は、壁を作って打とう。
(そして、球拾い。)


A~Dさんの中に、答えはありますか?







失敗後の考え方



(右利きフォアの)一例ですが、

体が開くのが早い。
   ↓
何故、体の開きが早かったのかな?
   ↓
壁を作れなかったから・・・。
   ↓
何故、壁を作れなかったのかな?
   ↓
この前、左膝(ひざ)が、外に開いたまま打っていると注意されたな・・・。
   ↓
次は、打つ前のタメの瞬間に、左膝を少し内側に曲げて打とう。
   ↓
イメージ通り出来るか、素振りでチェックしよう。
   ↓
上手く出来ない・・・。
   ↓
左足を置く時に、左膝を内側に少し曲げてみよう。
   ↓
もう1度、素振りをしてチェックしよう。
   ↓
おっ、こんな感じかな?
   ↓
もう1度、(フロントヒットで、)試してみよう。
   ↓
(そして、ボールを拾う。)


あくまでも、一例です。

さて、A~Dさんの中に、正解者はいましたか?



同じ様な失敗でも、失敗理由は同じとは限りません。
別な原因で、失敗しているかも知れません。
ひとつの事にとらわれずに、頭は、常に柔軟性が必要です。








失敗後の1球



次の1球も、失敗するかも知れません。

しかし、違う失敗になっているはずです。

失敗後の数球は、振り遅れや空振り等が理想です。

新しい事にチャレンジしたら、頭と体が理解出来ていません。

その為、タイミングが狂います。

タイミングが狂ったら、振り遅れや空振り等が普通です。

タイミング程度の問題は、すぐに慣れます。

慣れた時点で、ちょっとレベルアップしています。

この小さな繰り返しが、上達のコツです。

これが、上達する人としない人の違いです。

失敗をもとに成功(上達)へ繋がります。








失敗後の教訓



失敗を恐れては、何も始まりません。

練習なので、幾ら失敗してもOKです。
むしろ、沢山の失敗をしてください。
失敗こそが、成長の糧(かて)になります。

失敗は成功のもと」です。
決して、失敗を恐れないで下さい。

失敗する度に、上達していると考える事が出来ます。
そして、本当に、上達します。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

[株式会社DMM.com証券]

[LINEスタンプ制作]

[羽毛布団]

[脱毛器]

[電話回線]

[防犯カメラ]

[検索システム]

[英語]

[ダイエット]

[洋服の試着]

[楽天市場に出店]

[フレッツ光]

[デスクチェア]

[チャットレディー]

[A8.netの広告主募集]