FC2動画

  

     

最新ニュース

  
最新ニュースをこちらで報告致します。
  ・最新ラケットの情報
  ・Wiiでラケットボール
  

ベーチェット病の柴田章吾を、巨人が指名

2011. . 05


2011年、プロ野球の育成ドラフト会議の3巡目でベーチェット病の柴田章吾選手(左投手)が巨人から指名を受けました。

柴田章吾は中学3年生の春、ベーチェット病が発病しました。
(何万人に1人の病気です。)

医師には、野球を続けたら死ぬかもしれないと宣告されました。
また、失明の恐れもあるとも宣告されました。

食べ物も制限され、ステーキ、カレーライス、お好み焼き、スナック菓子等の刺激物や消化の悪い物も食べる事が許されません。

しかし、悩み、苦しみ、努力して柴田章吾選手はプロ野球選手への切符を掴みました。








ベーチェット病


ベーチェット病は、原因も治療法も見つかっていない国が指定する難病のひとつです。
(厚生省特定疾患です。)

皮膚や粘膜等に急性の炎症を繰り返す慢性の疾患です。
激しい痛みが症状としてみられます。

治療薬のステロイドの副作用で、腸が薄くなり激しい運動が禁止されています。
運動を続ける場合、失明の恐れもあります。

ベーチェット病で、運動を続けられる人は皆無です。

現在、国内の患者数が18,000人です。(2007年)

2ヶ月に1度、定期健診も必要です。








柴田章吾選手の人生の歩み



サウスポー

三重県いなべ市で育つ

小学2年生で野球を始める。
リトルリーグ(四日市トップエース)でピッチャーとして投球し、
優勝(全国制覇)する等、将来が有望な選手でした。
中学の時に、全日本選抜に入りました。

まさに、天才野球少年(野球エリート)でした。

中学3年生の春、練習中に倒れ病院に運ばれます。
ベーチェット病と診断されます

高校進学について、全国から推薦入学の話が届いていましたが、
病気(ベーチェット病)の事を知り、推薦入学の話が全て流れました。

愛工大名電高の倉野光生監督が直接に会いに来て、入学する事になりました。
(中学の先輩が推薦してくれた影響もあるようです。)
この時監督は、「無理せず、出来る事からマイペースでやれば良い」との言葉を授けました。
家族(両親)も倉野光生監督を信頼し、子供を預ける事にしました。

愛知県春日井市、愛知工業大学名電高入学

高校入学後も、半年もの間、皆とは別メニューの地味な練習だけの日々でした。
全寮制ですが、ベーチェット病の影響で皆と同じ食事をする事も出来ません。
しかも、仲間に病気(ベーチェット病)の事を隠して、頑張っていました。
高校2年の春から、仲間と同じような練習メニューが少しずつ出来るようになりました。
春季大会目前で背番号10を勝ちとるが、またしてもベーチェット病が発病し、緊急入院。
背番号を失い試合に出場出来ず。
1ヶ月の入院後、退院する。
高校は夏の甲子園に出場するもベンチ入り出来ず、スタンドからの応援。
春の選抜大会を目指す大会(秋季東海地区大会)の海星高校戦に背番号10で登板しました。
柴田章吾が2アウト満塁、フルカウントから押し出しのフォアボールで2-3のサヨナラ負け。
愛工大名電高は春の選抜大会に出場出来ず。
最後の夏の大会で、背番号10を背負う。
愛工大名電高で背番号10を背負い、難病と闘いながらも中京大中京高校に勝ち、甲子園への切符を掴みました。
甲子園で、創価高校を相手に登板しました。(4回0失点)
打っても3塁打を記録しています。
しかし、1-3の惜敗。

東京都、明治大学入学

同級生には、BIG3と称される注目選手の野村祐輔投手(明治大学)がいました。
その為、明治大学でも控え投手でした。
MAXは145km。
遠投105m、50m6秒5。
9試合(投球イニング数8回0/3)に登板し、0勝0敗、防御率2.25
被安打率6.75 奪三振率12.38 四死球率9.00
(4年生、春季シーズン終了時の成績?)
巨人2軍との交流戦には救援で起用され3回を完全投球と好投。

交流戦が縁で、巨人から育成ドラフト3巡目で指名を受ける。



倉野光生監督のコメント
「柴田章吾選手は、OBのどの選手より凄い」と評価を受ける選手です。

愛工大名電高のOB選手
   ・鈴木一朗(イチロー)
   ・工藤公康
   ・山崎武司

※動画の中の倉野光生監督のコメントも、凄く心に響く内容が多いです。








頑張る?努力する?


「頑張ってる」「努力している」なんて言葉を軽々しく使う方を見かけます。

柴田章吾のように、これだけ一途に野球を愛している方は少ないです。

頑張る、努力するという言葉を使う基準は特にないので難しい言葉ですが、本来、こういう人の為に、頑張る、努力するという表現方法があるのではないでしょうか?

今年(2011年)のプロ野球ドラフト会議で、巨人は左投手(サウスポー)を5名獲得しました。(育成枠を含む。)
指名選手一覧
   ・ドラフト1巡目、松本竜也(英明高)
   ・ドラフト2巡目、今村信貴(太成学院大高)
   ・ドラフト4巡目、高木京介(星稜高-国学院大)
   ・育成枠3巡目、柴田章吾(愛工大名電高-明治大)
   ・育成枠6巡目、渡辺貴洋(鶴岡東高-BCリーグ、新潟アルビレックス)

柴田章吾投手は、育成ドラフトで入団してもライバルが多く、これからは一段と大変かと思いますが、陰ながら応援したいと思う選手です。
柴田章吾投手のプロ野球での健闘と健康な生活を続けられる事を心より祈ります。

動画も用意しましたので、ぜひ見て下さい
(感動と涙のエピソードです。)
(高校時代とドラフト直前の大学時代の2本あります。)








1本目の動画
難病と闘う球児(柴田章吾)密着、夢への900日
24時間TVのローカル版で放映されたテレビ番組です。
2008年12月16日にyoutubeに投稿された動画です。















2本目の動画
ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう
2011年10月27日、ドラフト当日のドキュメント番組もあります。
(中国サーバーにアップロードされた動画の為、動画のリンク方法がよく分かりません。)







ベーチェット病に関する書籍(本)


 

眼・口・皮膚・外陰部の炎症をくり返す―ベーチェット病難病と「いっしょに生きる」ための検査・治療・暮らし方ガイド
ベーチェット病ガイドブック―その概念・病態・診療の指針

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログランキング airw.net ブログ村 FC2ブログランキング
記事や画像、動画が気に入りましたら、ぜひクリックして下さい。
アクセスアップに繋がります。
ラケットボールの認知と普及の為、ご協力をお願い致します。

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

[株式会社DMM.com証券]

[LINEスタンプ制作]

[羽毛布団]

[脱毛器]

[電話回線]

[防犯カメラ]

[検索システム]

[英語]

[ダイエット]

[洋服の試着]

[楽天市場に出店]

[フレッツ光]

[デスクチェア]

[チャットレディー]

[A8.netの広告主募集]